渋谷区ケアステーション笹幡高齢者在宅サービスセンター認知症対応型通所介護
トップページ > 渋谷区ケアステーション笹幡高齢者在宅サービスセンター > 渋谷区ケアステーション笹幡高齢者在宅サービスセンター認知症対応型通所介護 > 最新情報

最新情報

活動報告 2018/07/29 10:27

♡ユマニチュードって聞いたことありますか?♡

ユマニチュードとは?
知覚・感情・言語による、包括的コミュニケーションにもとづいたケアの技法です。
ユマニチュードを日本国内の病院で行ったところ、状況が理解できずに治療を拒否している患者や、怒りっぽい、意欲がなくなるなどの症状を見せていた認知症患者に大きな効果が見られたそうです。
笹幡 でもこの技法を学び、取り入れていきたいと考えております。
見る・話す・触れる・立つ
の4つの柱はとても大切な援助です。

見つめる
認知症の方は視界が狭くなっているため、目線を合わせできるだけ近く、長く見つめます。

 触れる
立ち上がっていただいたり、体を動かしたりするときに、ついつい手首をつかんでしまいがちです。

そうではなく、下から支えるように腕を取りましょう。

 話しかける
ケアをする際には、心地よい言葉で優しく話しかけ続けましょう。

立つ
立つことの支援。
「できるだけ立つことで人の尊厳を自覚する」



これらの基本以外にも具体的には150の手法があるそうです。

認知症になっても、 “人との関わりを全うしよう” というのがこのケアの目的だそうです。

ページの一番上に戻る